いきなりだが、あなたがうらやましいと思うのはどんな生き方だろうか?

自由で好きなことができてお金の心配もない。
そして、周りの人からも愛される。

そんな生き方ではないだろうか?

じゃあ具体的にあげると誰?

僕なら所ジョージと答える。

たぶんあなたも異論はないはずだ。

なぜ彼は人がうらやむような生き方ができるのか?
そこで、今回は彼のこれまでの名言を紐解きながら、その生き様に迫ってみたいと思う。

所ジョージの考える幸せとは?

所ジョージはいつも楽しそうである。

人の悪口も言わないし、愚痴もこぼさない。
軽くツッコんだりはするけど、相手を決して不快にさせない。

どんなときも自然体で笑顔で人と接する。

なぜそんなことができるのか?

彼の名言から探っていきたい。

給料が7万円だったときも幸せだった

所ジョージは新人時代を振り返ってこう言っている。

「僕はデビューのころから、自分が世界でいちばん幸せだと思ってた。
給料が7万円だったときも幸せだった。
給料だと思えば安いけど、小遣いだと思えば7万円はすごいじゃん」

そして、彼はこうも話している。

「自分の考え方ひとつなのよ。
人生をつまんなくしてるのは自分なの。
会社だって仕事だって同じ。
そしてお金がなければ楽しいことができないと勝手に思いこんでる」

考え方ひとつで、人生は面白くもつまらなくもなる。

それが所ジョージの根底にある考え方なのだ。

つまんないとこに行って面白がれる自分がいなきゃいけないの

所の信条は常に「面白がれる自分」であること。
特に、「つまんない」時にこそ、面白がれることが重要だという。

「普通は、つまんないとこ行ったら、『俺もつまんないんだ』ってなっちゃうじゃん?
だから駄目なんだよ。
つまんないとこに行って面白がれる自分がいなきゃいけないの」

楽しいところへ行って楽しいのはあたりまえ。
そんなのは誰でもできる。
つまんないところへ行って楽しめる自分が素敵だというのだ。

不安になっても、いいことなんてない

所は「不安」についてもこう言っている。

「不安になっても、いいことなんてない。
誰も近づかないから。だから笑うこと。
不安でも堂々とする。そして隣の人と比べない。

なんでも楽しんでいたら、人って寄って来ちゃうものなんだよ。
楽しいことが嫌いな人っていないからね」

人は誰しも不安なもの。
同じように不安がっていたら、誰も近づいてこない。

でも、笑って楽しんでいる人の元には近寄ってくる。
だから不安でも堂々としていようというのだ。

めんどくさいことがやれるって幸せなこと

所ジョージというと、楽に生きているイメージが強いが、当人は「楽すること」については否定的だ。

むしろ、面倒くさい所に面白いことがいっぱいある。
意外や、それが彼の人生訓なのである。

「メンドクサイことがイヤなら寝ているのが一番。
でも、ずっと寝ているだけじゃ幸せも、生きてる時間もわかりっこない。
メンドクサイことがいっぱいあるから生きてるんだって実感が持てる」

そして、メンドクサイことが人を幸せにするという。

「楽を追求するならさ、何もしないで寝たまま食事も管で直接食道に入れる、排泄も管をつけてそのままする。
それってラクでしょ?でも幸せとは言えないじゃん。
寝たきりの人は、みんな少しでも動きたいと思ってるし、外に出たいと思ってるんだから。
そう考えれば、めんどくさいことがやれるって幸せなことなんだよ」

所ジョージの家族愛

所ジョージは40年以上の芸能生活を送っているが、これまでスキャンダルは一切聞いたことがない。
多くの人気芸能人が女性問題で世間を騒がす中、所はまったく無縁。

それもそのはず、彼は大変な愛妻家なのだ。

妻と結婚したのは妻の笑顔を長い時間見たいから

所さんがいかに妻一筋かを物語るのが、この名言である。

「綺麗な女なんかいないんだから。
一人もいないよ。うちのかみさん以外。
みんな骨にすると、みんな同じようなもんだよ。
うちのかみさんだけ、素敵な骨だと思うよ」

結婚した理由についてはこう言っている。

「俺が妻と結婚したのは妻の笑顔を長い時間見たいから。
今、妻を笑顔にしてあげられてないなら、笑顔にしてあげれてない俺が全て悪い。
仕事が終わるとすぐに家に帰る」

ここまで言われると、妻冥利に尽きるだろう。

実際、所は今でも仕事が終わると、どこにも立ち寄らず自宅に直行。
そして、妻の手料理の夕飯を食べるのが一番の楽しみだという。

また、所には2人の娘がいるが、こんな言葉も。

ありがたくて写真撮るもん

「うちの娘が、かみさんいないときにご飯作ってくれるんですよ。
俺はね、ありがたくて写真撮るもん。

だって、元々無かったんだよ、あの人たちは。
俺とかみさんが知り合わなかったら。

それがあんな成長してだよ、私にご飯作ってくれるじゃん。
これはね、トマトの成長どころの騒ぎじゃないよ」

所がいかに家族団らんを大切にしているかがよくわかる言葉である。

まとめ

ということで、所ジョージの名言から、その生き方をみてきた。

改めて思うのは、彼は生きていることへの感謝に満ちあふれていること。

「自分のなかじゃ、必ず充実しているはずですよ。
朝、目が覚めると、あ、覚めてよかった、と思うじゃん。
覚めなかったら死んでるわけだからね、
それだけでも喜べよと思うよ、僕は」

さらに、こうも言っている。

「生まれてきた事が幸せなんだから、何かが起こるということは全部幸せなの。
生まれてこなければ経験できない事でしょう。
もし試験に落ちても、病気になっても、私はみんな幸せだと考えればいいと思うんですよ。
その人にしかできない経験でしょ」

やっぱ所ジョージはスゴイ!

おすすめの記事